|      |  作者紹介 |  スライドショー | LINK |  MAIL |
 

僕の心が魔界にあった時
僕は不思議と美しい世界を見ていた。
冷たい風や雨の中で、彼らを友達と感じた。
深淵な宇宙がすぐそばにあった。

あの頃の僕ならば
何のためらいもなく
残りのない 救命ボートの席を
遠い国で家族が待つ父親に
譲っただろう。

由宇木 真琴


魔女
NO.1 〜 NO.4






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 
  NO.1




 


  NO.2



 



NO.3




 



NO.4




   












   


   
 
Design Office JBY

Copyright (c) 2005 JBY, L.t.d. All rights reserved